ギャンブルは本気にならないのがコツ

ギャンブルの中でゲームとして楽しめるのは宝くじです。

宝くじはこれまで、窓口でしか購入することが出来ませんでした。ところが気づくと銀行などでも購入することが可能になりました。最近では銀行のATMでしか宝くじを購入しません。もちろんジャンボなどは買えませんが、購入するのはロト6ぐらいなモノなので、それで十分という感じです。ロト6は最大4億円が当たるギャンブルです。これに当たるには600万人に一人という確率が必要です。宮崎県や高知県あたりの県民の中から一人という確率なので、当たることはまず無いと思っています。でも実際に当たる人がいるからすごいです。宝くじは、当たるのは1枚でも当たるというゲームなので、買うのは必ず1枚と決めています。数多く買ってもそんなに簡単に当たるとは思わないからです。

たった一枚でも当たるときは当たるはずだと信じて買い続けています。ただここしばらく何も当たっていないことに気づきました。僕の回りに運が寄ってこないのだと考えています。懸賞すら当たらないので、すっかりしょげかえっています。この辺りがぽこぽこと当たらない限り宝くじが当たるなんてあり得ないはずです。一度宝くじが当たった夢を見たことが有りますが、もちろんその時も何も当たりませんでした。最近寝る前に当たる夢を見るようにお祈りをしながら寝るのですが、見る夢は全く宝くじとは異なる夢です。実際の当然だけで無く、夢までも宝くじの当選からは遠ざかっているので、当分当たることは無いはずです。