ギャンブルは本気にならないのがコツ

ギャンブルを本気やったことはないです。あくまでもゲームです。

ギャンブルにはまったと言えるのは、パチンコぐらいです。日に5万ぐらい負ける友人もいましたが、僕は大きく負けても2〜3万止まりで、それ以上投資したことはありません。それもかなり熱くなっていたときでそれぐらいで、普段はせいぜいまけても1万円が良いところです。友人と一緒に行っても、まければ車の中で寝て待っているようなことをしていました。それ以外にやったのは競馬ぐらいです。競馬も良く掛けて1万円が良いところでした。麻雀もやりましたが、ほとんどゲームという感じでした。ギャンブルは本当におもしろいゲームだと思います。身を持ち崩す人間がいてもおかしくないゲームです。僕の場合は、やると熱くなってしまうので、ある程度のところでセーブするゆにしていました。

競馬などは地方競馬に友人と良く行きましたが、賭けるのは何千円までという感じで、お昼ご飯を食べに出かけるという感じでした。どちらかと言えば、日の良いところで楽しむレジャーといった感じだったのです。それぐらいの感覚でやっていると、行くことが楽しいばかりで無く、勝ったらラッキーと言う感じでした。一日中毛競馬場で遊んで買ったら帰りに焼き肉に言って飲んで返るという感じでした。二人で行くとどちらかがほとんど勝つという感じだったので、焼き肉にも毎回行っていたという感じです。地方競馬は平日もやっていましたが、行くのは週に一回友人の仕事が休みの時だけです。一時はまっていたパチンコも、最近は全く行っていません。軍資金が無いからです。ただ、昔のように長時間は打てなくなっています。昔は開店から店じまいの直前まで打っていてもへっちゃらだったのですが、今はあの騒音だけで参ってしまいます。行っても耳栓が無ければ長時間いられません。耳が痛くなるからです。軍資金が出来れば、また行きたいのですが、なかなか軍資金が貯まらないので、いつ行けるか全く分からない状態です。行くとすれば、必ず耳栓を持っていく予定です。